ご応募・お問い合わせ

ヤクルトのはじまり

ヤクルトのはじまり

昭和初期、日本では食糧不足による栄養失調や、不衛生な環境による赤痢などの腸管感染症で、多くの人が命を失っていました。このことに心を痛めた代田博士は、研究を重ね、数多くの乳酸菌の中から、生きて腸までとどく強い乳酸菌を誕生させました。この菌は代田博士の名をとって、乳酸菌シロタ株と名付けられ人々の健康増進に役立てたいという考えのもと、昭和10年にヤクルトの製造・販売が始まりました。

シロタイズム

シロタイズム

予防医学
病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防医学」が重要である。
健腸長寿
人が栄養素を摂る場所は腸である。
腸を丈夫にすることが健康で長生きすることにつながる。
誰もが手に入れられる価格で
腸を守る「乳酸菌 シロタ株」を1人でも多くの人々に、手軽に飲んでもらいたい。

代田は、病気になってから治療するよりも病気にかからないようにする『予防医学』、腸を丈夫にすることが健康で長生 きにつながる『健腸長寿』、そして一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたいという考えから『誰もが願う健康を誰もが手に入れられる価格で』提供することを提唱しました。